京都からまた1人


 大学のクラスメートの1人が、京都を離れ、別の街に住むとメールしてきた。
 また1人京都を離れる人がいると思うと、ちょっと悲しい。


 まあ、確かに、京都に住みながら、京都にマトモな時間に存在していない、俺。。。
 それでも、京都に住めるから、こうやってここに存在しているのだと思う。


 仕事や将来のことを考えれば、東京か、上海か、北京か、ロサンゼルスなんだろうなあ、俺の住処は。若しくは意外と「ど田舎」に活路があるかもしれないけど。


 この先のことは分からない。今年の秋の京都も、しっかりかみしめておきたい。


 しかし・・・。ハロウィンパーティーに集まっている三条大橋の下の人達は、一体何をしているのだろう。パーティーをしているようにも、見えないが。。。