中国律師を募集しています。


 私の所属する弁護士法人淀屋橋・山上合同では,このたび,大阪事務所で,中国律師1名の採用を予定しております。

 応募は,当法人のウェブサイト(http://www.yglpc.com/kyujin/china_lawyer.html)で本日より受け付けております。履歴書及び律師資格を証明する資料を,osaka.f13@yglpc.com宛てにメール(資料については,PDFファイルにして頂くか,別途郵送下さい)で平成25年2月7日迄にお送り下さい。


1.勤務先
  弁護士法人淀屋橋・山上合同 大阪事務所

2.資格要件
  中華人民共和国律師。
ただし,執業律師登録がある者,又は執業律師登録はないがそれに比類する者(実習修了が間近に予定されている,一旦執業律師登録を懲戒等を受けることなく自主的に取り消した等)。

3.給与等
  経験,能力等に応じご相談

4.勤務期間
  平成25年3月中旬頃(ご相談)より1年間
  (※その後,双方の協議により,更に長期勤務となることを期待しております。)

5.期待される能力
  高い基礎的能力。
  日本資格弁護士と協調して業務することができる能力(社交性・協調性)。
  中華人民共和国法の法的能力。
  日本語能力。
  一定の日本法能力。
  英語能力。

6.業務の具体的内容
  当法人におけるチャイナ・プラクティス案件の支援及び日本法業務の中国語案件の支援(労務提供)(※外国法事務弁護士でない限りは,独自に法律事務を取り扱うことはできません)


 弁護士法人淀屋橋・山上合同は,企業法務を中心とする弁護士事務所で,東京・大阪にオフィスを持ち,現在日本資格弁護士56名を擁する事務所です。弁護士事務所の目標は,「世界中のあらゆる人々の法的ニーズに応える」ことであり,どんな仕事でも,一生懸命取り組んでいます。なお,当法人の概要については,日本資格弁護士向けの採用情報になりますが,http://www.yglpc.com/kyujin/assosi.htmlをご覧下さい。


 現在当法人の日本資格弁護士のうち3名が中国語を使用することが可能であり,今年2月末より,1名日本資格弁護士が中国留学をします。このように,当法人のチャイナ・プラクティスの歴史は2008年に始まったばかりですが,現在当法人には,一定数以上のチャイナ・プラクティス案件がございます。具体的には,日中クロスボーダーのM&A,各種契約書作成支援,日常の細々とした相談まで,幅広くございます。また,当法人で勤務して頂く際には,日本法案件であるが,中国語が登場する案件におけるサポートも期待されております(単純な翻訳のほか,訴訟・交渉における中国人案件など)。今回の募集は,前任者(2009年4月より当事務所で勤務した中国律師)が家庭の事情もあり帰国することとなったことに伴い,急遽募集するものです。


なお,選考は,第一次的には書類選考を行った上で,合格者には,春節期間中で大変恐縮ですが,2月12日(火)頃に面接を実施(交通費は支給しません)し,可及的速やかに採用者を決定したいと考えております。大変急な募集で恐縮ですが,短期間で募集を締め切る関係から,私個人のウェブサイトにも念のため記載させて頂きました。どうぞ宜しくお願いします。